忍者ブログ
細菌に感染するとさまざまな症状があらわれます。胃腸風邪などを引き起こすノロウイルスやロタウイルスが細菌では良く知られています。細菌はときに人の命を奪うほどの危険をもたらしますが、普段から予防を心がければそう簡単に感染するものでもありません。細菌を知り、感染しないための予防手段を紹介します。

スポンサード リンク

[3]  [2]  [1] 
2017/11/23 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/03/06 (Tue)
人間の病気には細菌が大きく関わっています。さまざまな要因で病気は引き起こされます。人間は細菌によって感染する病気は、細菌の力が大きくなれば病気になります。

 人間の抵抗力が強くて細菌の力が弱ければ感染しても病気にはなりません。 昔から感染すると病気をおこす力が強い病原菌があります。今恐れられている細菌のひとつはエイズ菌です。感染して病気になると死に至る強い細菌は恐れられています。しかし、感染しても細菌を上回る抵抗力を身につけることが出来れば細菌を恐れることはありません。

 細菌の誕生は数十億年前といわれます。地球は水蒸気や炭酸ガスが充満した高温多湿の世界でした。その中で、最初に生命の基となる有機アミノ酸が地球上に現れました。そのアミノ酸が進化して細菌となりました。 細菌は外部の影響を受けやすく、その性質は容易に変化します。 人間の体の中には100億個とも1兆個ともいわれています。

時として感染して病気を引き起こす細菌ですが、役立つこともあります。細菌は人間の体内では作ることが出来ないビタミンをつくります。 細菌による感染は人間の体の中に入って発病させます。同じ細菌でも感染する場所によって別の病名をもつことがあります。例えば、ブドウ球菌という細菌は、全身の病気としては、敗血症ですが、消化器では食中毒となります。また、この細菌は呼吸器に感染すれば 細菌性肺炎となったりもします。
PR
最新記事
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

★ ILLUSTRATION BY nyao